海外で企業研修するなら、留学エージェント選びから!

企業の海外研修のイメージ写真

企業での語学研修は、人数や留学先、研修内容など、留学エージェントさんに希望をしっかり伝えて準備する必要があります。複数の留学エージェントを比較して選びましょう。

企業の海外研修をするなら一括資料請求

ご利用の流れ

  1. STEP 1Step1

    一括資料請求フォームであなたの希望に合う留学エージェントを選択

  2. STEP 2Step2

    留学エージェントへ一括資料請求

  3. STEP 3Step3

    留学エージェントから資料が届く

  4. STEP 4Step4

    ピッタリの留学エージェントを選んでいざ留学へ!

[留学アカデミー]参加 海外留学エージェント

企業の海外研修とは?

グローバル化が進み、様々な業界で必要不可欠になっている英語力。
英語ができる新人を採用するほか、社員の英語力向上に力を入れる企業も年々増加しています。
海外とのやり取りの多い大手企業では、留学制度を設けているところも。また留学制度とは別に、希望者に社費での留学を行っている企業もあります。

研修先の国としては、アメリカやオーストラリア、カナダなどの英語圏はもちろん、企業によっては中国などのアジアや、ヨーロッパでの研修も行われています。

特にビジネスの場面で必要とされる英語は日常会話とは異なり、フォーマルなビジネス英語や専門用語などがあるので、きちんと学んでおく必要があります。場合によっては、ビジネスチャンスを逃したり、クレームが発生したりすることもあるので、海外研修は注目を集めています。

海外研修の主な目的

海外研修の目的は、企業によって異なります。社員のレベルアップはもちろん、最近では留学制度のある企業に就職したいという大学生も増えていることから採用対策として海外研修を設けている企業もあります。
どういった目的で研修を行うにしろ、海外研修は、費用がかかるものです。また海外研修すれば、必ずビジネス英語が身につくものではありません。目的や目標を明確にして、研修の内容を決定することが大切です。

海外研修のメリット

海外研修のメリットは、目的にもあるように語学力やビジネススキルなどの向上がありますが、実は異文化への適応や、より高い意識を持つためのきっかけにもなるということで導入している企業が多くあります。英語が話せるとはいえ、日本で生まれ育った社員にとっては、考え方や仕事への向き合い方の違いは現地でないとなかなか実感できないものです。

海外研修の種類

colum:海外視察

海外進出したり、海外に工場を持つ日本の企業も増え、より海外視察を積極的に行う企業が増えています。自社とは異なる業界の企業でも、海外での作業の進め方や考え方を知ることも、グローバル社会の中、企業が生き残っていく上で大切です。
特に社員旅行で海外に行く際に、現地も視察、という場合には、旅行会社を活用すると便利ですよ。

こちらのページも参考に。

社員旅行net
社員旅行net
「視察を目的とした研修旅行」

研修対象者別の研修の種類

colum:企業の新人研修

毎年、新入社員が入る企業にとっては毎年恒例の「新人研修」。
企業によって、社会人としての挨拶の仕方や名刺交換などのマナーや、実務に直結したスキルについて学んだリ、新入社員間のコミュニケーションを図る研修など、内容もさまざまです。

また研修の講師を招いたり、研修施設で行っているプログラムを活用する企業もあります。

国内の研修であれば、旅行会社で研修プログラムの提供やプラン作成、研修施設の手配を行ってくれたり、研修の目的や目標に応じて相談もできます。
どんな研修をしたらいいのか悩んでいる、今までとは違う新人研修を行ってみたい、という企業さんはぜひ一度、旅行会社に相談してみるのもお勧めです。

新人研修については、こちらのページも参考に。

社員旅行net
社員旅行net
「新人研修」

海外研修のよくある質問

英語で日常会話程度は問題なくできますが、海外研修でビジネス英語も身に付けた方がいい?
日常会話とビジネス英語は目的が異なりますので、もちろん身に付けておいた方がよいでしょう。日常会話は、自分の意思が伝わり、相手と仲良くなることができれば問題ありませんが、仕事の場面での英語は、仕事が円滑に進められるコミュニケーションになります。重要な契約内容なども正確に伝えたり、ビジネスのスキルを身に付けることで、仕事がスムーズに進めることができます。
希望者を対象にした海外での企業研修の費用が、自己負担と言われたのですが・・・
実務に直結しない内容の研修や、あくまで希望者だけを対象とした海外研修の場合、自己負担(もしくは一部自己負担)になる場合があります。研修の内容や費用、今後の自分の業務内容についてもよく検討してから参加するのがお勧めです。
なるべく費用を抑えたいのですが・・・
渡航期間はもちろん、渡航先によっても、学費以外の生活費などの金額は異なってきます。どの程度の金額が必要になるか、また渡航時期までに用意することが可能かどうかなども合わせて、留学会社さんと計画を立てましょう。
海外研修後すぐに、退職したいのですが、会社に学費は返納しないといけないですか?
業務に関連しているスキルを学ぶための海外研修に参加した場合は、一般的に企業が研修費用を支払いますので、学費を返納する必要がないことがほとんどです。ただし海外研修の内容などによって従業員のメリットが高い場合や、研修後2年以内に退職する場合は違約金を支払う、などの研修条件や契約内容によって返納を求められる場合もあります。
厚生労働省に相談窓口がありますので、具体的なことは相談して解決しましょう。
海外留学でのあなたの「…したい」を実現しよう!一括資料請求はこちら
[留学エージェント比較サイト]無料一括資料請求をしよう!

留学先で選ぶ留学先で選ぶ ▼

留学目的で選ぶ留学目的で選ぶ ▼